白井田七 飲み方

白井田七の効果的な飲み方

白井田七の効果的な飲み方

白井田七の飲み方は、公式サイトには大々的には載っておらず、摂取量の目安が「1日8粒」であることのみ大きく記載されています。
実際に飲み方が書いていないわけではないのですが、消費者自身が感じている症状によって最適な効果が出る量やタイミングは様々なのでこのような書き方がされています。

 

公式サイトから購入した場合には万全なサポートがついています。
自身の症状を説明したうえで、最適な飲み方を案内してくれるフリーダイヤルも設置されています。
そういったところから自分に合った最適な飲み方を探すという方法が最善の効果を出す近道でしょう。

 

白井田七のこんな飲み方

白井田七を一般的な飲み方で始めたいという人も多いでしょう。
そういう人の為に紹介されている飲み方を案内します。
まず、目安は1日8粒というのは変わりありません。
ただし、過剰摂取をすることで胃腸が弱くなってしまう場合があるので、慣れていない人や初心者は少ない量から始め、徐々に量を増やしていきましょう。

 

また、白井田七に使われている田七人参は人参界の王様といわれ、非常に栄養価が高い薬用人参ですが、非常に苦いことでも有名です。
サプリメントを飲みこむこともできますが、苦味があるのでお水やお湯とともに飲む方が良いでしょう。
その際に、お水だと体を冷やしてしまうので、お湯やぬるま湯を使うとなお効果的です。

 

白井田七を飲むタイミング

白井田七を飲むタイミングについては、余計なものが胃の中に入っていない状態、つまりご飯を食べる前の空腹時に飲むとより効果的です。
これは胃腸が空腹の時の方が吸収力があり、必要な成分を体が吸収しているという点にあります。
また、サプリメントの栄養を吸収するのに時間を与えた方が効果的です。
すなわち直前30分前が1番効果的であるといえます。

 

白井田七の参考にしたい飲み方

白井田七を夕食の前や朝食の前に8粒一気に飲む人もいますが、朝晩に分けて1日2回4粒ずつ摂取している人が多いようです。
中には、早く効果を出したくて朝昼晩の1日3回3粒ずつ飲んでいる人もいます。
飲み方も個人の生活スタイルにあわせて色々とアレンジができます。

 

例えば、20代の若い女性は特別病気を持っているわけではないですが、健康のサポートという役割で白井田七を飲んでいます。
この方の場合、多量を摂取するのではなく、朝昼晩の1日3回、各1粒ずつの1日3粒飲んでいます。
これだけでは少ないのではないかと思われがちですが、冷えやむくみが改善されたり、免疫力が高まるなど効果を身を持って感じてらっしゃいます。
このように自身に合った飲み方を探してみてください。

 



効果 副作用 飲み方 口コミ・評判 返金保証