白井田七 副作用

白井田七の副作用報告

白井田七の副作用報告

白井田七は天然素材の有機栽培された田七人参からできているので、副作用はありません。
しかしながら、体質としてこの田七人参が合わなかった場合は、体に異変が起こることがあり、実際に数件の報告がされています。
一番多い症状が、嘔吐や下痢です。
実際、これは起こりうることなのか検証してみました。
結論から言えば、下痢や嘔吐は起こりうることです。
しかし過剰摂取した場合慣れていない場合のみです。

 

白井田七にはアルギニンという成分が含まれています。
このアルギニンという成分は過剰摂取をした場合に胃腸に異変を起こす可能性がある成分です。
白井田七は1日の摂取量目安は8粒とされています。
体が慣れていない状態でいきなり8粒飲んだり、それ以上の過剰摂取をした場合にはこのアルギニンが反応して嘔吐や下痢をおこすことがあります。
容量用法は守るようにしましょう。

 

白井田七を飲んで考えられる好転反応

漢方治療をする際にはよく起こることなのですが、身体の毒素が出て血行が促進されたりなどの新陳代謝の活性が原因で一時的に体調が悪化したように感じる時期が起こります。
だるさが増したり、肌が荒れたりする症状です。
これはうまく作用していることを証明する体の反応で瞑眩と呼ばれています。
いわゆる体のデトックス効果です。

 

白井田七が効いている好転反応で一時的なものです。
一時的とは1週間〜2週間程度が一般的ですが、量によっては1ヶ月程度続くこともあります。
このようなサプリメントは継続することが1番効果が出るものなので、このような好転反応が出ている場合には摂取をストップするのではなく、摂取量を減らしながら徐々に体を慣らしていきましょう。

 

体に異常や変化が現れた場合の対処法

万一、好転反応以外の体の不調が現れた場合は、摂取をやめるようにしてください。
白井田七は医薬品ではないので重篤な危険に陥る副作用が出る事はありません。
しかしながら、体調不良が長引く場合には漢方に詳しい専門医に相談するべきでしょう。
また好転反応が出ている場合もそれが3ヶ月以上長引く場合は一度専門医に相談するべきでしょう。

 



効果 副作用 飲み方 口コミ・評判 返金保証