痛風・貧血

白井田七の知っておきたい効果・効能

白井田七の特徴

無農薬の有機栽培で作られた田七人参サプリ

白井田七とは、無農薬の有機栽培で作られた田七人参を、飲みやすい錠剤にして販売しているサプリメントです。
その効果は絶大で体の健康バランスを整えるものとして重宝されています。

 

気になる数値が整う

実際に白井田七を飲むことによってどんな効果があるかというと、まず各種数値を整えることができます。
各種数値とは、例えばコレステロール値や血糖値、血圧など一般的な健康診断で測られるものばかりです。
白井田七は生命力の非常に高い田七人参から作られています。
そして、そのままのパワーがサプリメントに閉じ込められています。
そのパワーが人間にも非常に効果があるのです。

 

体内バランスの改善

また、各種数値が整えられるということは体内バランスが非常によくなります。
その為、日常生活においても効果が実感できます。
血流が改善されて冷え性やむくみなどが緩和されたり、自律神経の乱れが改善される為に前向きになり活発な気分になります。
もちろんそのおかげで朝の目覚めもスッキリします。
このように効果をすぐ実感できるのが白井田七なのです。

 

田七人参と高麗人参を比較

白井田七に利用されている田七人参はどれだけすごいものなのでしょうか。

田七人参

田七人参は、知らない人からしたら生姜と勘違いしそうな形をしています。

決してスーパーで売られているような人参ではありません。
これは汚染された農地ではなくきれいな土壌で栽培するため中国奥地の標高2000m付近で栽培されています。
一つの田七人参は3〜7年かけて栽培されます。
一度栽培を終えると、その土地にはその後10年間も雑草も生えないほどやせ細ってしまうそうです。
それは、田七人参が土の栄養分をたくさん吸い尽くして大きくなるからだといわれています。

高麗人参

薬用人参として有名な高麗人参も十分栄養価は高いもので、ともに薬用人参として効果があるウコギ科の植物で、疲労回復、滋養強壮、血糖値の低下、肝機能の改善、血行促進、免疫力上昇など多数の効果があります。

しかしながら、高麗人参は田七人参には適いません。
例えば、血液の巡りを良くするサポニンという成分は、高麗人参には田七人参の1/3〜1/7程度しか含まれておらず、鉄も1/2程度しか含まれていません。
このように田七人参は非常に高い栄養をもって成長しているので人参界の王様と言われています。

 

この2つの薬用人参において効果が明らかに違うものがあります。
それは、血圧に対する働きです。
高麗人参は血圧を上げる働きをするのに対し、田七人参は血圧を下げる働きをします。
この点だけは大きく異なりますので注意しておいてください。

 

白井田七のココが違う!

人参界の王様、田七人参ですが、この白井田七に使用されている田七人参は一味違います。

 

徹底した土壌管理

徹底的に土壌を管理していることもその一つです。
実際に生産者が目で見て、土の管理をしていることで品質を守っています。

 

安心・安全の無農薬栽培

さらに画期的な事が、完全なる無農薬栽培をしていることです。
田七人参は害虫に弱く、これまでは化学肥料が使われていることが当たり前でした。
中国での栽培なので日本では禁止されている薬品が使われていたこともあります。
そうしないと田七人参が栽培できないほど繊細な植物なのです。
しかしながら、徹底的に研究を重ね、ついに無農薬栽培に成功したのです。
製品を改良することなく、化学薬品ではなく天然の唐辛子などで害虫を駆除し、田七人参を生産しています。

 

管理に厳しいドイツが認定

これらの生産方法とその方法で作られた田七人参は、世界的に見て有機栽培に非常に厳しいドイツでも認められています。
その基準は、日本とは比べ物にならないほど厳しく、製品のみならず土壌や水までもチェック項目として挙げられます。
そのような厳しい環境で認められた白井田七に使用される田七人参は、安心かつ人参界の王様としての薬用効果ももちあわせた素晴らしい食品なのです。

 

田七人参サプリを比較

田七人参を使用したサプリメントは多く販売されています。

糖質習慣 知名度の高いライオン社が販売しているサプリメントは、糖質習慣といい販売実績も多くあります。

よく知られており社会的信頼がある会社が販売しているという点で安心感もあります。
しかしながらこの糖質習慣で使われる田七人参は農薬基準を設けているとはいえ、農薬を使って栽培されています。
そういう面で無農薬の有機栽培をしている白井田七の方が安心な製品であるといえるでしょう。

田七人参の力 それいゆ株式会社が販売している田七人参の力は、小分けにして梱包されており持ち運びに便利で人気があります。

しかしながら目安量を摂取すると、白井田七は1回あたり300円程度で摂取できるのに対し田七人参の力は500円程度かかってしまいコストパフォーマンスが悪い商品で、長く続けるには金銭的な負担が増えてしまいます。
コストを抑えたければ、比較的安い粉末タイプも販売されていますが苦味があり飲みづらい商品です。

このような比較から考えても白井田七は総合的に良い商品であるといえるでしょう。

 

白井田七の原材料・栄養表示成分

原材料 有機田七人参(98%)、有機玄米(2%)
栄養成分 4粒中(標準1000r)当たり(日本食品分析センター調べ)

田七サポニン0.09g、エネルギー4kcal、タンパク質0.08g、脂質0.01g、炭水化物0.84g、ナトリウム0.04r

 


効果 副作用 飲み方 口コミ・評判 返金保証